天然水だけじゃない?ウォーターサーバーの水の種類

大きく2種類に分けられるウォーターサーバーの水

ウォーターサーバーの水といえば天然水というイメージがあるかもしれません。天然のミネラルたっぷりの水は水道水とは違い、すっきりとしていて健康にも良いというイメージがあります。しかし、ウォーターサーバーを利用している人の中には、天然水ではない水の方が良いという人もいます。
代表的なのが赤ちゃんがいる家庭です。粉ミルクを溶かす時にお湯を沸かす必要がないのでウォーターサーバーが人気なのですが、この時には天然水を使用しない方が良いといわれています。市販の粉ミルクが水道水に入っているミネラルを基準に作られているため、ミネラルたっぷりの天然水では必要なミネラルの不足や過剰が起こってしまうのです。そんな方たちが使っているのがRO水です。

RO水ってどんなもの?

RO水は天然水や地下水、工場近くの河川水をくみ上げ、ろ過・殺菌して純水に近い形にします。純水とは不純物を含まない水のことで、ミネラルさえも含まれていません。この状態から水道水に近いようにミネラルを添加しているのがRO水です。
RO水の特徴は、もともとの水の質を問わないので天然水よりも安価に作ることができる事です。農薬や水銀、放射線物質レベルまで取り除くことができるといわれていますので、この点でも安心度が高いので赤ちゃんがいる家庭で選ばれていることが多いです。人工的にミネラルを添加するので人によっては天然水よりもおいしくないと感じる事もありますが、RO水は安全性が高いという点が大きなメリットだといえます。

水宅配というと聞き覚えがないかもしれませんが安心・安全な水を宅配してくれるウォーターサーバーのことです。

© Copyright Water Cycle Operates. All Rights Reserved.